お仕事の効率を劇的に上げるための情報ツール

>

仕事に役立つスマホアプリ

仕事の効率が上がらないのはなぜ?

仕事を一生懸命やっているのに、仕事が遅く、効率が悪いのはなぜでしょうか。
人それぞれにさまざまな理由があると思います。
例えば、あまりに忙しすぎて休みを取らず頭が回らないとか、仕事を効率よくこなすための計画を立てるのが下手など理由はそれぞれですが、必ず探せばあるのです。

目の前の仕事にとらわれ過ぎてしまうと効率は上がりませんし、仕事は終わりません。
そのことでまた頭がいっぱいとなり、ただ目の前にある仕事をやってしまうので、悪循環となるだけとなります。

まずは落ち着いて、一呼吸をおき、自分の仕事のやり方を見直してみましょう。
原因は必ずどこかにあるはずです。ポイントとしては、実際の仕事中につまづいた点や効率化できそうな点を書き溜めておき、まとまった時間で解決策を考えるようにすると良いでしょう。

よく見る効率が悪い人

効率の悪い仕事の仕方しかできない人の特徴としてとても多いのが、いつも思いつきで行動してしまうことです。
目の前のことしか見えずに、仕事を進めようとすると、他の大事な業務を見過ごしてしまうことに繋がりかねません。
効率を考えるということは、仕事の全体像を掴むということなのです。

また違うパターンでは、こだわりが強すぎて効率を悪くしてしまっているケースもあります。
全てにおいて完璧主義というのは、決して悪い事ではないのですが、全部を納得いくまで時間も考えずにやってしまえば当然、他の業務をこなす時間がなくなってしまいます。
まずは生産性を最優先に考えて、良い意味で手を抜けるところは抜いていかないと効率が上がることはないのです。



TOPへ戻る